様々なエフペシアにまつわる疑問について

ジェネリック医薬品のエフペシアの魅力は安い値段で販売されていることであり、有効成分はプロペシアと同じフィナステリドであるため、プロペシアと同じ効果を期待することが出来ます。
医薬品は水と一緒に錠剤を飲むだけなので非常に簡単ですし、塗るタイプの育毛剤と比べて手間がかかることはありません。
この医薬品の服用のしやすさは、継続的に育毛を続けるためには重要なポイントであるといえます。

さて、そんな優秀な医薬品のエフペシアですが、インターネット上には様々な疑問が飛び交っているようです。
例えば医薬品を服用すると精子が少なくなるのではないかという疑問です。
私は今までに医薬品を使い続けて精子の量が少なくなったという実感はありませんし、性欲が落ちたことも一切ありません。
フィナステリドはホルモンの分泌に作用するものではないので、精子の量が少なくなることは考えられないとされています。
しかし医学は日進月歩であるため、もしかしたら医薬品の影響で精子が少なくなることが報告されることがあるでしょう。

また、医薬品を使ってもし性欲が落ちてしまったり、男性器の調子が悪くなる場合は医薬品の服用を中止してみましょう。
もし医薬品を中止して男性器の調子が良くなったら、それは医薬品が原因だと考えられます。
そしてAGA治療薬を服用し続けると耐性がついてしまって医薬品の効果が効かなくなると言われていますが、果たしてそれはどうなのでしょうか。
結論から言うと耐性は起こらないと考えて良いですし、体が医薬品に慣れてしまって薄毛になることはありません。
髪の毛は1日におよそ100本は抜けるといわれており、髪の毛は抜けるのが当たり前です。
もちろん男性型脱毛症ではない人でも髪の毛はたくさん抜けますので、医薬品の耐性がついて薄毛になってしまうことはないと考えられます。
ただ、医薬品を使っても薄毛になってしまう人は他の原因が考えられます。
薄毛になる原因は男性型脱毛症だけではないので、自分に合った治療をするようにしてください。
そして他の医薬品には併用禁忌薬というものがありますが、果たしてエフペシアにも併用禁忌薬があるのでしょうか。

基本的にエフペシアには併用禁忌薬は無いとされていますが、注意することは複数の医薬品を併用して飲まないことです。
4種類以上の医薬品を併用して飲んでしまうと、今までに報告されていない症状が出ることが考えられるので、気をつけなければなりません。
そしてエフペシアにはキリンイエローが不使用ではありますが、このキリンイエローは結局のところは危険なものなのでしょうか。

実際のところはキリンイエローに発がん性があるかは正式には認められていませんし、これは噂程度の話と思ってもらって構いません。
私の周りにもキリンイエローがコーティングされている医薬品を以前から使っている人がいますが、医薬品を使って体に悪い症状を引き起こした話を聞いたことがないので、それほど心配する必要はないと思います。

Comments are closed.