エフペシアは通販(海外輸入)で入手できます。

エフペシアは現在日本では認可されてない医薬品の一つです。
といっても、別に医薬効果が危険だからといった理由ではなく、ただ単に認可申請されていないだけです。
実際に世界中の国々で利用されています。
一体どのような医薬品かと言うとAGA治療薬です。

つまり、男性の多くが悩んでいる薄毛を改善・予防してくれます。
その効果は非常に高く被験者の90%以上が効果を実感しているほどです。
そのエフペシアを購入したいと思うのならば、日本では2通りの方法が考えられます。

海外で購入して自分の手で持ち込むか、もしくは個人輸入代行を利用して輸入してもらうかのどちらかです。
旅行のついでに購入するという男性も少なくありませんが、大多数は個人輸入サイトを活用して入手しています。
個人輸入サイトといってもほとんど通販サイトと大きな違いがないため、気軽に購入することができるのです。

なぜ入手方法が輸入という極めて限定的かというと上記で述べているように日本では認可されていない医薬品となっているからです。
もしも、それを日本国内で売買もしくは譲渡していると犯罪行為として見なされるのです。
あくまで個人で輸入もしくは輸入代行を利用するときは、購入者自身が利用することと使用方法が極めて限定的になっています。
そのため、エフペシアを輸入するとき通関で検査されることがありますが、他人へ譲渡・売買する目的があると思われたら没収されることがあります。
その点を十分に注意する必要があるのです。
その譲渡・売買されると思われるケースにはいつかあります。

一つは大量に購入するケースです。
一人では消費しきれないほどの輸入は他人に手渡す可能性があるとされています。
もしも、輸入するときはどんなに多くても3ヵ月分の数に抑えておくことが大切です。
また、クレジットカードで購入する人も多いですが、エフペシアは女性の名義のクレジットカードを利用すると通関で止められる可能性があります。
なぜならば、この医薬品は女性には効果がないものとされているからです。

そもそもAGAとは男性型脱毛症という意味であり、女性の薄毛に効果があると言うデータはありません。
そのため、女性名義で購入すると購入者以外の男性が利用するものだと認識されてしまいます。
女性が旦那や彼氏のためにプレゼントのために購入することは、あまり考えないほうがいいのです。
このように通関を通すためにはいろいろと注意するポイントがあります。

しかし、どれも自分が使用するために購入するとするなら何ら問題のないものです。
その些細な問題をクリアすればAGAで悩んでいた人も解決するようになるでしょう。
特に、いくつかあるAGA治療薬の中でもコストが非常に安い割には効果が高いとされているため、非常にコストパフォーマンスが高いとして多くの男性に愛用されているほどです。
ぜひAGAで悩んでいる男性はエフペシアを輸入して利用してほしいと思います。

フィンペシアについて

フィンペシアについてはこちらのサイトをご覧ください・・・フィンペシアの通販
エフペシアの兄弟であるフィンペシアについても知っておいた方がよいでしょう。

Comments are closed.