費用が安いジェネリックだから安心して使い続けられるAGAの治療薬エフペシア

男性型脱毛症、AGAは病院で薬を処方してもらえば悩みを解消することができる時代です。
しかし薬が効くかどうかについては、やはり最初に専門医を受診しておく必要があります。
薬によって治療効果があると診断されたのであれば、AGA治療薬をきちんと服用して悩みを解消しましょう。
現在薄毛や抜け毛の原因のほとんどが男性型脱毛症だと言われています。
なぜ男性型脱毛症になると髪の毛が抜けてしまうのでしょうか。
その原因は男性ホルモンの中に含まれるジヒドロテストステロンという成分が大量に発生することによって、発毛を阻害してしまうのです。
つまり、原因となるジヒドロテストステロンという成分を抑える薬を服用すれば、発毛を阻害する原因を取り除くことができるので、髪が生えてくるという道理です。
画期的な治療薬としてプロペシアという薬があります。
このプロペシアには、フィナステリドという成分で構成されており、発毛を阻害する5αリダクターゼの働きを阻害する効果があるため、発毛効果を期待することができるのです。
今のところプロペシアに勝る治療薬はないのですが、この薬をある一定の期間服用し続けなければならないため、金銭的な負担も相当かかることをまずは覚悟しなければなりません。
個人輸入の場合なら、プロペシアの薬の価格は一箱8千円前後するのですが、プロペシアのジェネリック品でもあるエフペシアであれば、一箱2千円前後で購入することができます。
正規品のプロペシアと同じ主成分でできているため、品質面でも同じような品質、薬用効果があるのです。
AGA治療は長期間毎日続けていかなければなりません。
高い費用だと、治療面でも続けにくくなってしまいますが、ジェネリック品で安く手に入れることができるのであれば、長期間の治療も容易く行うことができるのではないでしょうか。
エフペシアの副作用については、あまり報告はされていません。
ただ肝臓機能が悪い方は、服用ができな場合もあります。
またこのエフペシアは、成人した男性しか服用することができませんので、20歳以上の方しか服用することができません。
またこの薬は、女性が触れてはいけない薬でもあります。
とくに妊娠の可能性がある女性は、薬に触れるだけでもいけないとされているので、結婚されている方や、恋人がいる方は保管に注意をしましょう。
エフペシアを安く手に入れる方法には、個人輸入が一番でしょう。
個人輸入をする場合には、いろいろと注意点があります。
確かに薬を安く手に入れることができるのですが、しっかりとした取引先を選ぶことが大切です。
自分で個人輸入をする方法ももちろんありますが、信頼と実績のある個人輸入を専門に行っている代行業者を利用してもよいでしょう。
こうした大手代行業者の場合、薬の成分を日本の薬剤師がしっかりと調査をしているため、品質面でも安心することができます。
またAGA治療は長期化するため、長い間薬を服用し続けなければなりません。
信頼がおける代行業者を利用することが大切です。

Comments are closed.