フィナステリド系エフペシアはコスパが最高

20代の後半から少しずつ抜け毛が気になり始め、30代に入った頃には生え際や頭頂部の地肌が見えるようになってしまいました。
まだ独身で結婚を約束したような彼女もいません。
このままでは一生一人身なのではないかと、正直かなり不安です。
女性だって薄毛の男性よりは、フサフサに髪の毛が生えている男性のほうに魅力を感じるでしょう。

自分の将来のためにも、ここは本気で薄毛対策をしなければならないと思い、ついに巷で話題のAGA治療薬を購入してみることにしました。
最初に候補に挙がったのはフィナステリドを有効成分とするプロペシアです。
しかし、フィナステリドのAGA治療薬は長期的に使用し続けなければ効果が期待できないこともあって、値段的にはとても続けるのは無理だと思い、諦めることにしました。
簡単にプロペシアで諦めてしまったのは、ジェネリック医薬品が発売されていたからです。
フィナステリドを有効成分とするAGA治療薬にはエフペシア、フィンペシア、プロスカー、フィンカーなどがありましたが、私は人工着色料であるキノリンイエローが入っていないエフペシアを選ぶことにしました。
値段も1箱1ミリグラム100錠が2800円程度だったので、プロペシアと比べてかなりリーズナブルです。

私が商品を見ていた海外医薬品の輸入代行サイトでは、まとめ買いをすることで安くなっていたので、とりあえず3箱を購入しました。
というのも、エフペシアは最低3ヶ月は使わなければならないAGA治療薬で、3箱もあれば10ヶ月ほど使えると思ったからです。
私の服用方法は1日の上限である1錠を毎日飲むだけというものです。
もちろん、これ以外にも、食生活を見直したり、頭皮ケアをきちんとしたりして、できることなら相乗効果で抜け毛対策ができればと思っています。

fpecia66
野菜中心の健康的な食生活が育毛の基礎です

飲んでみて、最初のうちは抜け毛が出てしまうこともあったのですが、どうやらフィナステリドを有効成分とするAGA治療薬には、このような症状が出ることもあるようです。
最初は正直焦りましたが、決して副作用ではないとのことだったので、がんばってエフペシアを続けてみました。
すると、3ヶ月ほどもすると、洗髪後にいつも手や排水溝に付いていた抜け毛が少し減っていたのです。

そして、それからまた3ヶ月ほど続けて半年にもなると、抜け毛が完全に減ったと言えるまでになり、10ヶ月後にはその効果が安定しました。
もしかしたら、このまま続けていけば、2年後か3年後には生え際や頭頂部のあたりの髪の毛たちが戻ってくるかもしれません。
さすがに多くの方からも医学界からも認められている話題の成分を有するAGA治療薬なだけはあります。

エフペシアはおそらく健康的な体を持っていれば、副作用などはないでしょうし、効果の割にには値段が安いので、コストパフォーマンスは最高レベルだと思います。

エフペシアは続けて初めて効果が実感できるAGA治療薬

最近、抜け毛が気になり始めました。
食生活などは変化していませんし、バランス良い食事を心がけているのですが、ホルモンバランスが崩れてしまったのか、それとも年齢によるものかは分かりませんが、とにかく急激に髪の毛が減っているのです。
もちろん、以前から抜け毛は気になっていたので、色々な手を尽くして、頭皮ケアを万全にしていたつもりではありました。

それでも脱毛のスピードには勝てず、ついに髪型を変えなければならないところまで私の毛根たちは追い詰められてしまったのです。
そこで最後の手段として、話題のフィナステリドを含んでいる飲むタイプのAGA治療薬を探すこととなりました。
口から体内に入れるために、安全性は確保したいということで、キノリンイエローフリーのエフペシアが私の第一希望です。
キノリンイエローフリーは着色によるコーティングがされていないタイプの錠剤で、健康に神経質な私はあえて本家のプロペシアではなく、そのジェネリック医薬品であるほうを選んだというわけです。

エフペシアを製造販売しているのはインドの大手製薬会社シプラです。
世界的にもジェネリックで有名な会社ですし、なんといっても非常にリーズナブルな値段で購入できるメリットがあります。
フィナステリドを含むタイプのAGA治療薬は大変効果が高いのですが、最低でも1年は飲み続けなければなりません。

できれば3年は続けたほうが確実に効果が出るという臨床実験のデータもあるので、コストはなるべく抑えたいというのが本音です。
ちなみに、エフペシアの有効成分のフィナステリドは元々、前立腺肥大症や前立腺がんの治療の為に使われていたそうです。
しかし、利用した患者の毛が濃くなるという副作用が出たため、育毛剤としての研究が始まったのだそうです。
フィナステリドが体内で活躍すると、男性ホルモンが抑制されて、抜け毛が抑えられたり発毛効果があるのだそうで、まさに偶然から生み出されたAGA治療薬ということになります。
そして、脱毛の抑制や育毛効果が公的機関からも認められ、現在のように医薬品として世界中で発売され、多くの方に利用されるようになりました。
そんなエフペシアですが、気になる話もあります。
実はフィナステリドを含むAGA治療薬を服用していると、1ヶ月ほどで初期脱毛が起こるケースが報告されているのだそうです。

その症状は1週間から2週間ほどで減っていって、その後は脱毛が止まったり髪の毛が増えたりするらしいのですが、この症例を知らないでいると、薬の影響で抜け毛が増えたように感じて服用を中止してしまうこともあるそうです。
なので、エフペシアの効果を実感するには、やはり臨床試験のデータ通り、最低でも1年は続けたほうが良いのでしょう。
もっとも続けるといっても、毎日1錠を飲むだけですから、そんなに難しいことはありません。
特に注意することもないですし、健康上何も問題がなければ、1年後、2年後、3年後と髪の毛が増えてくものと思われます。

様々なエフペシアにまつわる疑問について

ジェネリック医薬品のエフペシアの魅力は安い値段で販売されていることであり、有効成分はプロペシアと同じフィナステリドであるため、プロペシアと同じ効果を期待することが出来ます。
医薬品は水と一緒に錠剤を飲むだけなので非常に簡単ですし、塗るタイプの育毛剤と比べて手間がかかることはありません。
この医薬品の服用のしやすさは、継続的に育毛を続けるためには重要なポイントであるといえます。

さて、そんな優秀な医薬品のエフペシアですが、インターネット上には様々な疑問が飛び交っているようです。
例えば医薬品を服用すると精子が少なくなるのではないかという疑問です。
私は今までに医薬品を使い続けて精子の量が少なくなったという実感はありませんし、性欲が落ちたことも一切ありません。
フィナステリドはホルモンの分泌に作用するものではないので、精子の量が少なくなることは考えられないとされています。
しかし医学は日進月歩であるため、もしかしたら医薬品の影響で精子が少なくなることが報告されることがあるでしょう。

また、医薬品を使ってもし性欲が落ちてしまったり、男性器の調子が悪くなる場合は医薬品の服用を中止してみましょう。
もし医薬品を中止して男性器の調子が良くなったら、それは医薬品が原因だと考えられます。
そしてAGA治療薬を服用し続けると耐性がついてしまって医薬品の効果が効かなくなると言われていますが、果たしてそれはどうなのでしょうか。
結論から言うと耐性は起こらないと考えて良いですし、体が医薬品に慣れてしまって薄毛になることはありません。
髪の毛は1日におよそ100本は抜けるといわれており、髪の毛は抜けるのが当たり前です。
もちろん男性型脱毛症ではない人でも髪の毛はたくさん抜けますので、医薬品の耐性がついて薄毛になってしまうことはないと考えられます。
ただ、医薬品を使っても薄毛になってしまう人は他の原因が考えられます。
薄毛になる原因は男性型脱毛症だけではないので、自分に合った治療をするようにしてください。
そして他の医薬品には併用禁忌薬というものがありますが、果たしてエフペシアにも併用禁忌薬があるのでしょうか。

基本的にエフペシアには併用禁忌薬は無いとされていますが、注意することは複数の医薬品を併用して飲まないことです。
4種類以上の医薬品を併用して飲んでしまうと、今までに報告されていない症状が出ることが考えられるので、気をつけなければなりません。
そしてエフペシアにはキリンイエローが不使用ではありますが、このキリンイエローは結局のところは危険なものなのでしょうか。

実際のところはキリンイエローに発がん性があるかは正式には認められていませんし、これは噂程度の話と思ってもらって構いません。
私の周りにもキリンイエローがコーティングされている医薬品を以前から使っている人がいますが、医薬品を使って体に悪い症状を引き起こした話を聞いたことがないので、それほど心配する必要はないと思います。

ノンキノリンイエローのAGA治療薬エフペシアを選ぶ

薄毛には、遺伝と生活習慣が関係していると言われています。
生活習慣のほうがわかりませんが、遺伝情報は絶対に関係しているはずです。
なぜかと言えば、私の家系はほぼ男性陣が30代になると薄毛になってしまうからで、こればかりはいくら生活習慣を良くしようとどうしようもありません。
では諦めるしかないのかと、薄くなってきている頭頂部や額の生え際を鏡で見ながら思いました。
洗面所にはこれまで私や父親が購入した薄毛対策グッズがたくさん置いてあります。
現在は使っていません。
これらの商品が役に立たなかったわけではなく、30代になると抜け毛が増えるスピードに商品の効果が追いつかなくなってしまったのです。
やはり、体質改善が必要だと思い、近年話題になっているフィナステリドという有効成分が入っている飲むタイプのAGA治療薬をネットから半年分購入してみることにしました。
その名をエフペシアと言います。
このAGA治療薬は、あの有名なプロペシアのジェネリック医薬品となります。
こちらを選んだのは当然価格もありますが、キノリンイエローという黄色203号に認定された水溶性の色素が入っていことのほうが大きいです。
実はこのキノリンイエロー、食事に使うことが禁止されている物質なのです。
服用に関して特に危険性はないということは確認済みですが、やはりどうしても気になってしまったので、今回はノンキノリンイエローであるエフペシアを選ぶこととなりました。
効果のほどは、有効成分であるフィナステリドが男性ホルモンの働きを抑えてくれるそうです。
男性ホルモンが抜け毛の原因となっているのはよく知られていることで、ニューハーフの方に薄毛が少ないのも、ホルモン注射の影響だと言われているほどです。
つまり、私の家系に薄毛が多いのは遺伝情報により、体内の男性ホルモンの働きが活発になってしまっているからなのでしょう。
よって、エフペシアを飲めば、男性ホルモンの働きが阻害されて、抜け毛が減ったり、増毛が期待できるというわけです。
ちなみに、フィナステリドは、米国食品医薬品局により男性型脱毛症の治療薬として認められている成分で、なおかつ臨床試験により、科学的な証明もされているので安心感と期待感が高くなるのです。
そして、実際にエフペシアを使ったみた感想を言わせてもらうと、やはり効果が出るまでには少し時間が掛かるようです。
それでも半年ほど飲み続けていると、間違いなく抜け毛は減ってくれます。
シャンプーをした後に手に残る髪の毛の量で、その効果は目に見えて実感できると思います。
あとは増毛効果に期待するだけですが、とりあえず抜け毛が減ってくれただけでもありがたいです。
エフペシアは最低半年から3年までは使うことが必要なAGA治療薬なので、あと2年半は頑張って毎日飲み続けていきたいと思っています。
服用の際にはくれぐれも早期にやめてしまわないようにすることが大切です。

費用が安いジェネリックだから安心して使い続けられるAGAの治療薬エフペシア

男性型脱毛症、AGAは病院で薬を処方してもらえば悩みを解消することができる時代です。
しかし薬が効くかどうかについては、やはり最初に専門医を受診しておく必要があります。
薬によって治療効果があると診断されたのであれば、AGA治療薬をきちんと服用して悩みを解消しましょう。
現在薄毛や抜け毛の原因のほとんどが男性型脱毛症だと言われています。
なぜ男性型脱毛症になると髪の毛が抜けてしまうのでしょうか。
その原因は男性ホルモンの中に含まれるジヒドロテストステロンという成分が大量に発生することによって、発毛を阻害してしまうのです。
つまり、原因となるジヒドロテストステロンという成分を抑える薬を服用すれば、発毛を阻害する原因を取り除くことができるので、髪が生えてくるという道理です。
画期的な治療薬としてプロペシアという薬があります。
このプロペシアには、フィナステリドという成分で構成されており、発毛を阻害する5αリダクターゼの働きを阻害する効果があるため、発毛効果を期待することができるのです。
今のところプロペシアに勝る治療薬はないのですが、この薬をある一定の期間服用し続けなければならないため、金銭的な負担も相当かかることをまずは覚悟しなければなりません。
個人輸入の場合なら、プロペシアの薬の価格は一箱8千円前後するのですが、プロペシアのジェネリック品でもあるエフペシアであれば、一箱2千円前後で購入することができます。
正規品のプロペシアと同じ主成分でできているため、品質面でも同じような品質、薬用効果があるのです。
AGA治療は長期間毎日続けていかなければなりません。
高い費用だと、治療面でも続けにくくなってしまいますが、ジェネリック品で安く手に入れることができるのであれば、長期間の治療も容易く行うことができるのではないでしょうか。
エフペシアの副作用については、あまり報告はされていません。
ただ肝臓機能が悪い方は、服用ができな場合もあります。
またこのエフペシアは、成人した男性しか服用することができませんので、20歳以上の方しか服用することができません。
またこの薬は、女性が触れてはいけない薬でもあります。
とくに妊娠の可能性がある女性は、薬に触れるだけでもいけないとされているので、結婚されている方や、恋人がいる方は保管に注意をしましょう。
エフペシアを安く手に入れる方法には、個人輸入が一番でしょう。
個人輸入をする場合には、いろいろと注意点があります。
確かに薬を安く手に入れることができるのですが、しっかりとした取引先を選ぶことが大切です。
自分で個人輸入をする方法ももちろんありますが、信頼と実績のある個人輸入を専門に行っている代行業者を利用してもよいでしょう。
こうした大手代行業者の場合、薬の成分を日本の薬剤師がしっかりと調査をしているため、品質面でも安心することができます。
またAGA治療は長期化するため、長い間薬を服用し続けなければなりません。
信頼がおける代行業者を利用することが大切です。

お金をかけずにエフペシアを入手するには

プロペシアを使ってAGA治療をしている方は、プロペシアからジェネリック医薬品のエフペシアに切り替えることによって医薬品代をリーズナブルにすることが出来ます。
ジェネリック医薬品はプロペシアと同じフィナステリドなのでAGA治療には非常に有効ですし、ジェネリック医薬品のエフペシアはプロペシアの半額以下の値段で購入することが出来ます。
もし医薬品代を節約したいのであれば、ジェネリック医薬品の切り替えをオススメします。
さて、ジェネリック医薬品の入手は現在では個人輸入代行業者のみとなっています。
そのため、クリニックやドラッグストアに行ってもジェネリック医薬品を入手することが出来ませんので気をつけてください。
そして個人輸入代行業者によって販売している医薬品の値段がそれぞれ違いますが、業者別に価格を比較しているサイトがあるのでそちらを参考にして医薬品を購入するようにしましょう。
個人輸入代行業者によってはエフペシアを大量に購入すると割引によって購入代金が安くなるので、複数注文をするのがオススメです。
本来、エフペシアは100錠1箱でおよそ3000円ぐらいですが、同時に医薬品を複数注文することによって数百円程度ですが割引されます。
もし、長期的に医薬品を使い続ける予定であれば、まとめて購入することによってお得に医薬品を買うことが出来ますよ。
そして次に医薬品のレビューに注目してみましょう。

このレビューは医薬品を使った方の感想が書き込まれているので、その医薬品の特徴について把握することが出来ます。
医薬品の特徴を把握出来れば、医薬品の購入の参考になりますし非常に便利です。
また、このレビューは自分自身が書き込むことも可能です。

そのため医薬品を使った感想をレビューとして書くと、他の購入者のためになります。
そして嬉しいことに、レビューを書けば利用する業者によってポイントが付与されることがあります。
付与されるポイント数はそれぞれの医薬品のレビューによって異なることがありますが、1ポイントは1円として利用することが出来るので、このポイントを使って買物をすれば医薬品をお得に購入することが出来るのです。
ポイント換算率やレビュー投稿によるポイント数は業者によって違いはありますが、もしレビュー投稿によってポイントが貰える場合は、レビュー投稿をしてポイントを獲得しましょう。

そしてインターネットから医薬品を購入する際に気になるのが送料です。
送料は業者によって料金が異なることがありますし、購入代金の条件を満たして送料が無料になるケースがあるようです。
ただ、大手の個人輸入代行業者を見てみると、ほとんどの業者が基本的に送料が無料なので、送料のことを気にせず医薬品を買うことが出来ます。
海外からエフペシアを取り寄せる場合でも送料がかからないため、これなら医薬品を安価に入手することが出来るでしょう。
このように安い値段で医薬品を入手したいのであれば、個人輸入代行業者を利用してみてください。

インターネットからエフペシアを入手出来ます

プロペシアの成分はフィナステリドであり、このフィナステリドは男性型脱毛症の治療に効果があります。
元々、フィナステリドは前立腺肥大症のための治療薬として開発がすすめられていたのですが、このフィナステリドをつかって髪が増えるといった副作用を確認することが出来たため、現在では飲む育毛剤として世に流通しています。
ちなみにこのプロペシアはクリニックに行けば処方してもらえるので、プロペシアの入手は非常に簡単だといえます。
しかし自宅の近くにクリニックが無かったり、様々な事情によってクリニックに通うことが難しい人もいるのでしょう。

薄毛はデリケートな症状であり、病院に行くことに対しての恥ずかしさがあると、なかなかクリニックに通うことが出来ません。
そしてプロペシアは医薬品の値段が高価であるため、医薬品を使い続けると経済的な負担をかけてしまいます。
もしお金をかけないでクリニックに行くことなく男性型脱毛症の治療をしたいのであれば、エフペシアを服用してみましょう。
エフペシアはジェネリック医薬品であるため非常に値段が安いですし、購入はインターネットの個人輸入代行業者からなので、わざわざクリニックに行って医薬品を取りに行く必要がないのです。

医薬品を海外から取り寄せる際は個人輸入代行業者を利用することになりますが、個人輸入代行業者の利用は決して難しいことではないのでご安心ください。
今までにインターネットショッピングをしたことがある人なら、インターネットショッピングと同様に利用することが出来ます。

そして、それぞれの個人輸入代行業者によって販売している医薬品の値段が数百円単位で違うことがありますが、あまりにも安い値段で医薬品を販売しているところは気をつけてください。
なぜなら値段があまりにも安いとそれは偽物の医薬品の可能性があったり、また注文して支払いを済ませても商品が届かない被害があるからです。

このようなケースは非常に稀なケースではありますが、被害に遭わないためには信頼の出来る個人輸入代行業者から購入するのが一番です。
私はインターネットの個人輸入代行業者からエフペシアを購入していますが、医薬品を購入する前は個人輸入代行業者のクチコミについて細かく調べていました。
それによりエフペシアを何も問題なく購入できていますが、もし医薬品を購入するのならインターネットで業者のクチコミの確認をしてみてください。

そして個人輸入代行業者のサイトにアクセスしてみると、カテゴリ別で治療薬が分けられているので、そこからエフペシアを探すことが出来ます。
目的の医薬品が見つかれば、後は治療薬の個数を指定してカートに入れるだけです。

支払方法はクレジットカードや銀行振り込みでおこなう事が可能であり、荷物を郵便局で受け取りたい場合は郵便局留め指定にしましょう。
もちろん自宅でも受け取ることが可能であり、また送られてくる荷物は中身が分からないように梱包がされているので安心です。

エフペシアで体の中から薄毛対策

体の中から薄毛にアプローチする方法として注目を集めているのが医薬品による物です。
有効成分はフィナステリドで、それを含んだ製品は多く発売されています。
日本で認可されているのはプロペシアという名前の物で、病院で処方してもらう事が可能です。
ただ病院を利用する場合、待ち時間が必要だという事、さらに処方してくれる病院が限られているという事で、薄毛で悩む人でもなかなかそれを利用できない事も少なくありません。
そこで今、利用者が増えてきているのが海外医薬品の個人輸入です。

これならば国内で認可されていない薬でも手に入れる事が出来ます。
ただそうして好きな薬を手に入れる事が出来るなら、同じ有効成分を含んでいるジェネリックを利用する方がよりお得だとは思いませんか。
そのように思っている人たちに注目されているのがジェネリックの中で言えばエフペシアです。

薬価が安く、体にも安心だという点から利用者がグングン増えてきています。
やはりせっかく薄毛を改善するなら、より体に良い物を使った方が良いと思いませんか。
また、利用する時に気になるのが副作用でしょう。
その副作用自体はかなり弱く、中には症状が出ていたとしても気づかない人もいるほどです。
とはいっても敏感な人もいて、例えば精力減退とか吐き気、頭痛などを感じてしまう事もあります。

そういう時は市販薬などを一緒に利用するようにしましょう。
基本的に併用禁忌薬がないので、何と一緒に飲んだとしても心配する必要はありません。
ただ薬の組み合わせが気になる人は、薬剤師に相談するのをおすすめします。
そうすればより安心して薬を利用する事が出来るようになるでしょう。
また、エフペシアに含まれるフィナステリドと同様に育毛効果があると言われているのがミノキシジルです。

これを利用した育毛剤、タブレットなども発売されているので利用している人もいるのではないでしょうか。
現在、この2つの成分が最も薄毛に効果があると言われています。
だから、よりエフペシアの効果を高めたいと思うなら、ミノキシジルが含まれている物との併用をしてみるというのも賢い方法です。
ただ外用育毛剤を何種類も使ってしまう事はよくないので、フィナステリドは体の中から、ミノキシジルは体の表面からというように使うのも良いでしょう。
そうすれば両者が邪魔し合って効果を消してしまうような事もなくなります。
今はこのように薄毛にも効果が期待できる成分が開発されています。

エフペシアはフィナステリドを効果的に摂取できる方法として、日本でも2012年ころから利用者が増えてきました。
ただ薬剤に頼るのも重要なことですが、よりその効果を実感したいなら、それを服用するのと同時進行で生活習慣を変えてみるのも良い方法です。
まずは早く寝る事、そして睡眠時間を確保する事が出来にくい人はなるべくストレスを上手に発散するなどが良いでしょう。

そうして体に良い事を心がけていくと、よりエフペシアの効果を実感できるはずです。

エフペシアで髪を復活

私の父親は昔から頭髪が薄毛であったので、「遺伝によって私もいつかは薄毛になってしまうのでは」と思いながら生活をしていました。
そして私は若い頃だと髪がフサフサな方でしたし、それほど薄毛に対して気にすることはなかったのですが、30代に突入したあたりから枕元を見てみるとかなりの抜け毛を確認するようになり、また風呂に入って頭を洗ったあとの排水溝を見てみるとかなりの抜け毛がありました。
それからは抜け毛対策のために健康的な生活を心掛けたり、髪に良いとされる食事を食べ続けてみたのですが、抜け毛が減ることはありませんでしたし、更に薄毛が進行しているように見えました。
髪のボリュームが無くなってしまうと雨や風の日が非常に怖かったですし、こんな生活から脱出したいと常に思っていたのです。
そんな時に私はインターネットでエフペシアというジェネリック医薬品の存在を知りました。
このジェネリック医薬品は男性型脱毛症を治療する医薬品であり、医薬品を長期的に使い続ければ薄毛を改善することが出来ます。
もちろん多くの方がジェネリック医薬品のエフペシアを使って頭髪の薄毛を改善しているので、「これなら私も薄毛を改善できるのでは」と思って治療薬を購入することにしました。
どうやらこのジェネリック医薬品はインターネット販売でしか入手することが出来ないらしく、病院に行っても処方してもらえないそうです。
そして私がエフペシアを選んだ理由は値段の安さと安全性です。
この医薬品はプロペシアのジェネリックですが、プロペシアと比べてみると破格の値段なのです。
1ヶ月計算すると医薬品代が数百円で済みますし、これなら経済的な負担をかけないで薬を使い続けられると思ったので購入しました。
そしてこのジェネリック医薬品はキリンイエローが使われていないため、安全性は高いといえます。
キリンイエローの発がん性は噂程度ではありますが、発がん性が少し怖かったのでキリンイエロー不使用の医薬品を選んだのです。
そして個人輸入代行業者からエフペシアを注文した後に、大体1週間程度で医薬品が自宅に届いたので早速使ってみることにしました。
医薬品の説明では1日に1回飲めば良いらしいので、就寝前に1錠飲むようにしました。
医薬品を飲み始めて1ヶ月ぐらいは、初期脱毛により大量の抜け毛があって非常に恐怖を感じていましたが、それでも医薬品を服用し続けたら初期脱毛がおさまり、髪の調子も良くなりました。
それから医薬品を使い続けて3ヵ月後ぐらいになると、額に大量の産毛が生えるようになり、頭頂部の髪のボリュームも以前と比べてかなり増えたのです。
この時は非常に感動を覚えましたね。
それからもエフペシアを使い続けてみましたが、全体的に髪が増えるようになって昔の面影が無くなるまで回復しました。
そして医薬品には永久的な効果がないため現在でも医薬品を使い続けていますが、今でも順調に髪のボリュームを維持出来ているので満足しています。
このように髪が無事に復活することが出来ましたし、私はこの医薬品に感謝しています。